死亡の損害請求

もし交通事故によって被害者が死亡してしまった場合には慰謝料を請求することができます。死亡時の慰謝料はかなりの額に達するでしょう。慰謝料の定義というのは被害者の精神的な苦痛に対して支払われるというものです。死亡した場合の慰謝料は本来は被害者自身が請求する権利を与えられるものですが、当人は死亡しているため代わりに相続人が請求権を持つことになります。死亡慰謝料はかなり高額となります。数千万円の慰謝料を請求することができるでしょう。

死亡また、死亡してしまった場合は逸失利益を請求することもできるでしょう。逸失利益というのは交通事故によって被害を受けた結果として、本来被害者が生きていればもらえるはずだった収入分に対する損害のことです。こちらも請求することができます。たとえば一家の大黒柱が死亡してしまったならば、逸失利益はかなりの額に達するでしょう。本人の収入が高ければ、それだけ多くの逸失利益が発生することになります。

被害者の死亡によってこれらの損害を請求することができます。また、葬儀費用を請求することも可能です。死亡によって発生した費用の負担についての損害も請求することができるのです。細かなことは弁護士に相談をして確認しましょう。