積極損害の請求

交通事故における損害の1つとして積極損害というものがあります。まず、損害には財産的損害と精神的損害があります。そして、積極損害というのは財産的損害の1種です。

交通事故によって財産的支出を被った場合に、これを損害として請求することができるのです。そのため、実質的に弁償のような性質を有した請求といえるでしょう。

積極損害積極損害にもさまざまなものが含まれています。たとえば診療費や治療費などです。医師の診療や治療を受けたり、入院をした場合にはその費用を請求することが可能です。こちらは積極損害の中でも代表的なものとなっています。

また、誰かに付き添いをしてもらわなければ通院や入院ができないケースがあります。この場合も損害請求が可能である、付き添い看護費を請求します。こちらは看護をした人が請求できるのではなくて、あくまでも被害者自身が請求する権利を与えられるものです。

入院雑費というものがあります。入院をするとなるとさまざまな雑費がかかってしまうのです。そちらも積極損害として認められるケースがあります。裁判基準では入院1日1,500円が1つの基準となっています。

他にもさまざまな費用が積極損害に含まれています。弁護士に相談をすれば正確に計算してくれるでしょう。

<参考リンク>交通事故なら弁護士相談:アディーレ