物的損害の請求

交通事故によって物的損害が生じることがあります。これに対する損害請求をすることは可能です。

車の修理たとえば車の修理費用です。被害者の乗っていた車両が損壊してしまったならば、修理可能であれば修理費用を請求することができます。これは修理の見積書や請求書などによって計算されるものです。そのため、業者からこれらの書類を受け取ったならばきちんと保管しましょう。

経済的全損というものがあります。こちらはもし車の修理費用がその車の時価額と買い替え費用を加えた価格を上回るのであれば、たとえ修理可能だったとしても時価額分の賠償をするというものです。

もし修理をしたり、買い替えをするならば代車を使用するケースがあります。この場合は、その代車の使用料を請求することが可能です。また、もし営業車両が損害にあった場合には休車損害というものを請求することができます。

車だけではなくて、そこに載せられていた積荷が損害を受けてしまうことがあります。この場合は積荷損害として請求することができます。ただし、積荷損害については計算するのが難しいため、弁護士に任せると良いでしょう。そうすれば適切な金額を請求することができます。

このような費用を請求できることも覚えておきましょう。