積極損害の請求

交通事故における損害の1つとして積極損害というものがあります。まず、損害には財産的損害と精神的損害があります。そして、積極損害というのは財産的損害の1種です。

交通事故によって財産的支出を被った場合に、これを損害として請求することができるのです。そのため、実質的に弁償のような性質を有した請求といえるでしょう。

積極損害積極損害にもさまざまなものが含まれています。たとえば診療費や治療費などです。医師の診療や治療を受けたり、入院をした場合にはその費用を請求することが可能です。こちらは積極損害の中でも代表的なものとなっています。

また、誰かに付き添いをしてもらわなければ通院や入院ができないケースがあります。この場合も損害請求が可能である、付き添い看護費を請求します。こちらは看護をした人が請求できるのではなくて、あくまでも被害者自身が請求する権利を与えられるものです。

入院雑費というものがあります。入院をするとなるとさまざまな雑費がかかってしまうのです。そちらも積極損害として認められるケースがあります。裁判基準では入院1日1,500円が1つの基準となっています。

他にもさまざまな費用が積極損害に含まれています。弁護士に相談をすれば正確に計算してくれるでしょう。

<参考リンク>交通事故なら弁護士相談:アディーレ

  • コメントはまだありません

物的損害の請求

交通事故によって物的損害が生じることがあります。これに対する損害請求をすることは可能です。

車の修理たとえば車の修理費用です。被害者の乗っていた車両が損壊してしまったならば、修理可能であれば修理費用を請求することができます。これは修理の見積書や請求書などによって計算されるものです。そのため、業者からこれらの書類を受け取ったならばきちんと保管しましょう。

経済的全損というものがあります。こちらはもし車の修理費用がその車の時価額と買い替え費用を加えた価格を上回るのであれば、たとえ修理可能だったとしても時価額分の賠償をするというものです。

もし修理をしたり、買い替えをするならば代車を使用するケースがあります。この場合は、その代車の使用料を請求することが可能です。また、もし営業車両が損害にあった場合には休車損害というものを請求することができます。

車だけではなくて、そこに載せられていた積荷が損害を受けてしまうことがあります。この場合は積荷損害として請求することができます。ただし、積荷損害については計算するのが難しいため、弁護士に任せると良いでしょう。そうすれば適切な金額を請求することができます。

このような費用を請求できることも覚えておきましょう。

  • コメントはまだありません

死亡の損害請求

もし交通事故によって被害者が死亡してしまった場合には慰謝料を請求することができます。死亡時の慰謝料はかなりの額に達するでしょう。慰謝料の定義というのは被害者の精神的な苦痛に対して支払われるというものです。死亡した場合の慰謝料は本来は被害者自身が請求する権利を与えられるものですが、当人は死亡しているため代わりに相続人が請求権を持つことになります。死亡慰謝料はかなり高額となります。数千万円の慰謝料を請求することができるでしょう。

死亡また、死亡してしまった場合は逸失利益を請求することもできるでしょう。逸失利益というのは交通事故によって被害を受けた結果として、本来被害者が生きていればもらえるはずだった収入分に対する損害のことです。こちらも請求することができます。たとえば一家の大黒柱が死亡してしまったならば、逸失利益はかなりの額に達するでしょう。本人の収入が高ければ、それだけ多くの逸失利益が発生することになります。

被害者の死亡によってこれらの損害を請求することができます。また、葬儀費用を請求することも可能です。死亡によって発生した費用の負担についての損害も請求することができるのです。細かなことは弁護士に相談をして確認しましょう。

  • コメントはまだありません

交通事故と損害請求

交通事故交通事故はいつどこで巻き込まれてしまうのか分かりません。誰でも交通事故の被害にあってしまう可能性があるのです。交通事故の被害にもいろいろな種類が存在しています。たとえば自分の持っているものが壊されてしまうケースもあれば、自分が怪我をしてしまうケースもあるでしょう。最悪の場合は被害者に後遺症が残ってしまったり、被害者が死亡してしまうようなケースもあるのです。そのため、交通事故の被害によってどのくらいの損害請求ができるのかは異なるのです。

日本では法律によって被害者が加害者に対して損害請求をする権利が認められています。そのため、交通事故の被害にあった方の多くは損害請求をします。この際には弁護士に相談をすることが多いでしょう。そうすることによって、できるだけ多くの損害請求が可能となるのです。

それでは具体的にどのような被害に対して損害請求ができるのでしょうか。これにはさまざまな種類のものが含まれています。こちらでは損害請求できるケースについて紹介しましょう。どのような被害を受けた場合に損害請求ができるのか知っておくと万が一自分が交通事故の被害を受けてしまったときに役立ちます。何も知識を持っていないと被害者が上手くあしらわれてしまい、本来請求できるはずのお金を受け取れなくなってしまうというケースがあるからです。こちらでは具体的にどのようなケースで損害請求が可能なのかを分かりやすく教えましょう。ぜひとも参考にしてください。

  • コメントはまだありません